ものづくりの未踏へ挑戦する

放電加工ひと筋50年

放電加工一筋50年

弊社は、創業以来、進化と変化のものづくりを通じて、お客さまの満足を追求してまいりました。

これまで手がけてきた加工分野は、航空部品、ロケット部品、自動車部品、家電製品、スマートフォン、潜水艦、原子力発電所、テストピースなど多岐にわたります。

関西には様々なメーカーがあり、金属加工に関してはハイレベルな精密さが求められます。そして、時には規格外の大物の加工が舞い込んでくることや、世界中探し回ってどこにも断られた仕事がドイツから海を渡ってやってきたことも。

しかし、どんなに難しい加工だとしても決して諦めません。放電加工のパイオニアとして長年培ってきた技術とたぎる熱意で、どんな難題にも挑戦します。

そして、私たちのものづくりもまた、進化と変化を繰り返していくのです。

お客様の100%の満足のために

お客様の満足のために

新規のお客様から、全長6メートルもの部品加工の注文をいただいたことがあります。
工場に入らないほどのワークサイズで、私たちとって初めての挑戦でした。

それでも、私たちは「できません」とはいいませんでした。
各パートのスタッフが意見を出し合い、知恵を絞りました。
工場の壁を壊し、特設の加工台をこしらえました。
その結果、納得できる製品を、納期内に無事に提供することができました。

私たちを突き動かしていたのは、たぎるチャレンジ精神と、太陽放電を頼ってくださるお客様をがっかりさせたくない、満足いただけるものを提供したいという信念、そして人と人とのつながりを大切にする思いでした。

昨今はクオリティに加えて、価格、さらにより短い納期での製品提供が求められます。
私たちは、お客様のご要望にお応えできるよう、ムダを排して生産効率を高め、社内での試作成形にも取り組んでいます。 さらに今後は、チャレンジ精神を発揮して、自社のものづくりにも積極的に取り組んでいきたいと考えています。

技術紹介

  • 放電加工

    電極を製作し、ワークに放電することにより、超高硬度材や刃物では実現不可能な複雑な形状でも加工できます。

    放電加工
  • ワイヤーカット

    ミクロンの加工精度が要求される金型や歯車、精密治具、焼入れ部品などの精密切断・カット・穴あけができます。

    ワイヤーカット
  • 機械加工

    3DCAD/CAMを駆使し、微細部品加工、電極加工、治具、テストピースなどの加工を行っております。

    ワイヤーカット