会社概要

会社名 有限会社太陽放電工業
代表者 平山俊夫
創業年 1984年
資本金 300万円
所在地 本社:〒661-0011 兵庫県尼崎市東塚口町2-3-44
柏原工場:〒669-3304 兵庫県丹波市柏原町上小倉750
連絡先 TEL: 06-6421-7136
FAX: 06-6421-7144
従業員数 8名
事業内容
  • 精密部品加工
  • 自動車部品加工
  • 電子部品加工
  • 産業機械部品加工
  • 試験片
  • 材料販売
取引銀行 京都銀行 JR駅前支店
三井住友銀行 杭瀬支店
北おおさか信用金庫 尼崎西支店
得意先 約500社

機械設備

  • EA12V

    機械種類 放電加工機
    機械説明 放電加工機の最新機
    先進の加工制御で、加工面が綺麗に仕上がり、温度変化による熱変位も低い。
    工作物最大寸法:800 x 550 x 250
    EDSCAN
  • EDSCAN

    機械種類 次世代型放電加工機
    機械説明 ワイヤーカットと放電加工が一体化した次世代放電加工機。
    ワイヤーカットで微細電極を生成しより微細な加工が可能となりました。
    EDSCAN
  • QA20

    機械種類 高速細穴加工機
    機械説明 従来比約2倍の、超高速細穴加工が可能になった細穴加工機。
    また、微細送りステップを忠実に再現する最適な送り制御が行えるため、より安定した加工が可能になっています。
    三菱 QA
  • FP20PS

    機械種類 高精度ワイヤーカット加工機
    機械説明 加工精度±0.003mm.の高精度ワイヤーカット機、FBなどの精密金型に向いております。
    EP20PS
  • MILLAC44V

    機械種類 高精度高速マシニング
    機械説明 ワークサイズ:630×400
    回転数:12000rpm
    EDSCAN
  • MEGAⅢ

    機械種類 高精度高速マシニング
    機械説明 回転数:40000rpm
    位置決精度:±0.0003
    高真円度、高速穴あけが可能です。 
    穴径:φ0.01~
    小径の曲面の金型に最適です。
    MEGA 3
  • TOOLS V3

    機械種類 高精度 高効率3次元 CAD/CAM
    機械説明 TOOLS V3は加工の分野で最高峰のCAD/CAMで、精密金型加工用に開発されたソフトです。通常の部品加工や金型加工は勿論のこと三次元自由曲面加工、マーキング加工などの特殊な加工が可能です。弊社では微細加工用にカスタマイズを行っておりますので、微細加工にもお勧めです。
    共有可能データ:IGES,DXF,STEP
    MEGA 3
  • VM-1200

    機械種類 大型ノコマシン
    機械説明 大型ノコマシンにより、厚み500mmの切断が可能です。アルミ、ステンレス、炭素鋼などの厚板、リング切断にはお勧めです。
    MEGA 3
  • 放電加工機 全8台
    三菱電機 EA12V
    三菱電機 EDSCAN8E
    三菱電機 EX8+FP35
    JAPAX DXC45 * 4機
    JAPAX DXC30
  • 細穴放電加工機 全2台
    ソディック K1CN
    JAPAX SB-1M
  • ワイヤーカット加工機 全8台
    三菱電機 FA20PS
    三菱電機 FA20
    三菱電機 FX10K
    三菱電機 FX20K
    三菱電機 SX10P
    三菱電機 QA20
    三菱電機 DWC110C
    三菱電機 DWC200HA
  • 機械加工機 全8台
    オークマ MILLAC44V
    マキノフライス BN85
    碌々産業 MEGAⅢ
    アマダ 大型ノコマシン VM-1200
    KITAGAWA ボール盤
    OKAMOTO 研磨機
    MAKINO フライス盤
    大矢 ラジアルボール盤
  • 計測器 全2台
    MITUTOYO 3次元測定器
  • CAD/CAM 全4台
    TOOLS 3次元CAD/CAM
    SOLIDWORKS 3次元CAD
    AUTO CAD 2次元CAD
    DXF-MEDIAPT CAD/W 2次元CAD/CAM

進化と変化

平山社長

代表取締役社長
尼崎市ものづくり達人
金属工作機械工

平山 俊夫

弊社は、創業以来、進化と変化のものづくりを通じて、お客さまの満足を追求してまいりました。

これまで手がけてきた加工分野は、航空部品、ロケット部品、自動車部品、家電製品、スマートフォン、潜水艦、原子力発電所、テストピースなど多岐にわたります。

関西には様々なメーカーがあり、金属加工に関してはハイレベルな精密さが求められます。そして、時には規格外の大物の加工が舞い込んでくることや、世界中探し回ってどこにも断られた仕事がドイツから海を渡ってやってきたことも。

しかし、どんなに難しい加工だとしても決して諦めません。放電加工のパイオニアとして長年培ってきた技術とたぎる熱意で、どんな難題にも挑戦します。

そして、私たちのものづくりもまた、進化と変化を繰り返していくのです。

メッセージ

MOWPHA WORKS

太陽放電の新しい取り組み、BtoC向け金属雑貨ブランド

太陽放電の精密加工技術を活かして、2012年に立ち上げたのがMORPHA WORKSです。

切削、曲げ、磨き、表面処理、と各分野の職人の力を結集して、金属iPhoneケース「薄金」シリーズを完成させました。ジュラルミン製のフレームは薄さ0.6mm、軽さ27g。ネジを使わない嵌合構造は、世界でもほとんど例がありません。

またモルファワークスは、デザイナー・アーティストとのコラボレーションにより、ものづくりとデザインの新しい可能性を切り開くプロジェクトでもあります。日本が世界に誇る加工技術を、一般ユーザーにもわかりやすいライフスタイルプロダクトとして、日本国内そして世界に広く発信していきます。